ほくろと皮膚がん

女性

ほくろの除去する前に皮膚科で受診を!癌かもしれない!といったような記事を見たことがあるかと思います。従来からほくろが病気状態になってしまったとか足の裏や手のひらのほくろは癌になりやすいため危険であるといったようなことを聞いたことがあるかと思います。現在では美容整形外科とまではいかなくてもほくろの位置が審美的にちょっと恥ずかしいいったような理由で簡単に送る除去レーザーなどで気軽に行えるようになりました。しかし、ほくろを取り除く前に是非設置皮膚科を受診をしておいた方が良い場合もあります。それではなぜほくろ除去する前に皮膚科を受診しなければならないのでしょうか?ほくろやしみおよびソバカスといったようなものが顔の露出部分に増えてくると、見た目を気にするため、誰もがどうしても隠したいという気持ちになるものなのです。しかし、通常のほくろやしみおよびソバカスなどといったようなものはそんなに簡単に数が変化したり、形が変わったりするものではありません。もしもそのような数が増えるとか色が濃くなったり、形を変わったりするなどといったような変化がある場合は皮膚癌である可能性が高まってきます。特にメラノーマと言う悪性黒色腫というものはほくろと判別がつきにくい代表的な皮膚がんなのです。一見はに見えるようなものであっても同じように、実は皮膚癌だったといったようなケースもありうると言われていますので、レーザー治療などによってほくろやしみなどを除去する場合には、出来る限り前もって皮膚科を受診することによって、癌でないことを一応確かめておいた方が良いでしょう。まず初めに知っておいた方が良いこととして、ホクロは癌に「変わる」といったような事はありません。そのようなほくろだと思っていた癌のことをメラノーマと言って、それはほくろではなく、皮膚ガンなのです。このようなメラノーマは見かけは本当にほくろによく似ているため判別がしにくいかもわかりませんが、おおまかな判別の仕方があるため、参考にしてください。一つはその形が左右非対称であるという事。もう一つは、境目がぼやけていたり、あるいはでこぼこだったり縁がギザギザであったり、色素に色ムラがある、もしくは大きさが直径6ミリを超えている、そして色や形や大きさが徐々に変化しているといったような状態であれば、それはホクロではない可能性が非常に高いのです。"皮膚ガンの中でも表皮の中にできる表皮の中にできる表皮癌というものは進行遅くがしにくいため進行する前に発見して治療することが簡単な部類の癌になります。また皮膚癌の約70%は表皮癌であるため、その他の病気と比べても死亡率はそれほど高くない癌なのです。しかしメラノーマの進行はスピード早くがしやすいため、発見した時には既に治療が難しくなっているケースも多く表皮癌より悪性度が高い癌といえると言えます。このメラノーマという癌は癌全体から見ると少ない癌になるのですが、あっという間に進行して、してしまう可能性が高確率であるため、できるだけ早く発見して治療をスタートしなければいけません。また皮膚ガンによる死亡者ののを占めるのがメラノーマとも言われています。ホクロは生まれつきあるものと後天的に後からできるものの2種類のほくろがあります。そのほくろの形や色に変化がない様な通常のほくろであれば放置しておいても構わないので安心なのです。また、そのようなほくろは後から癌に変化するようなことがないため、大丈夫なのです。