ほくろとそばかす

女性

ソバカスとほくろは似ていると思いませんか? 。それではソバカスとほくろの違いとは一体何でしょうか? 。実はそれぞれ共通点も多いので驚かれるでしょう。ソバカスができる場所は顔や花の周りなど、人目につく場所は多いという印象がありますが、実は叶や花の周りだけにソバカスをできるわけではないのです。つまりソバカスもほくろと同様に人間の身体中であればどこにでもできる可能性があるわけです。そばかすとほくろが違うところはメラニン色素が1箇所に集まっているということではなく、ぽつぽつと点在しているというところなのです。またほくろの場合には生成される場所はそばかすとほとんど変わらないもののメラニン色素の場所を1箇所に集中しているという点にあります。ほくろの種類の中でも黒子と呼ばれるようなホクロは傷がそれほど盛り上がっていないためそばかすと間違われてしまうほど似ているのです。どちらの場合であってもメラニン色素が出ている関係上、色白な人ほど目立ってしまうことになります。そばかすの場合には遺伝性の可能性もあることもあって、思春期の頃には次第にメラニン色素が濃くなってくるため顔や鼻などに出来ているような場合には、かなり目立ってしまうことになり、思春期の悩みの種になることも少なくありません。 ただしメラニン色素をものは本来、私たちの体を紫外線から守る働きがあるものであるため、本来なくてはならない色素なのですが、ほくろなどもできる位置によっては、これもまた悩みの種になってしまうことも少なくありません。このようなメラニン色素が沈着を予防するためには、紫外線を浴びないことと、肌の新陳代謝を促すことによってメラニン色素が沈着を予防することも可能なのです。また、ホクロの場合であればレーザー治療という方法でほくろ除去は可能です。このようにソバカスも心も基本的にはメラニン色素が沈着からできているのです。気になる場合は、美容整形外科で相談してみましょう。ほくろやそばかすであれば、比較的安価に安全に施術してもらえます。怖がらずにカウンセリングを受けてみましょう。そのためにはインターネット等で情報収集をして、いい美容整形外科を選ぶ必要があります。