手のひらのほくろ

医者

手のひらや足の裏にできたほくろは全てでは無いのですが、メラノーマという皮膚癌である可能性が高いとされています。そのようなほくろが通常のホクロだとしても、手のひらや足の裏と言うのは刺激を多く受ける場所であるため、その刺激によって癌に変わる場合もあるといわれています。また、突然出来るような手のひらや足の裏のほくろは悪性の可能性があるため、突然ほくろができてしまったような場合には、皮膚科に行って受診をした方が良いでしょう。 ただし、手のひらや足の裏にあるほくろを危険だから切除した方が良いというのはあくまでも大人の場合だけなのです。子供の場合にはメラノーマになる可能性はほとんどないのです。子供の場合には、成長するにしたがってほくろの色や形も変化することもありますし、自然に消えてしまうようなこともあるようです。ほくろというものは基本的には無害と言って良いでしょう。基本的にはかゆみも痛みもありません。また、通常のほくろは癌には変化しないのです。ここでいう「通常の」というのはほくろに見える皮膚癌という可能性もあるのですが、皮膚癌であるほくろというものはメラニン細胞が癌化することによってできる悪性黒色腫というものであり、通常のほくろではありません。ただしほくろが悪性黒色腫2変化するようなケースも稀にあるとかで疑いがある様なは、ある場合には、皮膚科で診察してもらって切除しておいたほうが良いでしょう。疑いのあるほくろというものはそのほくろの色や形が変化していくようなほくろのことです。大きくなったりと変わったり炎症が起こったりのもしくは一体といったような症状がある様なほくろの場合には、一度皮膚科などで診察してもらったほうがよいでしょう。それがもし悪性脳の周囲の皮膚を手術によって切除する必要が出てくるのですは切除する際には、それが治療であれば、適用されますので、自己負担のの分はかなり減額されることになりますが、美容の場合であれば当然ですが、適用にはなりません。 そのため、かなり高額になります。ホクロというものは見た目や位置によっては魅力的なこともあるのですが、外観を悪くするようなホクロや衣服でこすれてヒリヒリするような場合には局所麻酔で手術によって切除することも可能です。ある時、気がついたら、それまで無かったところに突然はが出てきたこれまではこんな方じゃなかったのに気がついたら変化をしてきたといったようなケースは気をつけておいた方が良いでしょう。